ゼレンシキー宇大統領、抗議集会でウクライナ国旗を掲げるジョージア国民に謝意を表明

ゼレンシキー宇大統領、抗議集会でウクライナ国旗を掲げるジョージア国民に謝意を表明

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は8日、ジョージアで続く反政府抗議集会にて、ウクライナ国旗を掲げたり、ウクライナ国歌を歌ったりしているジョージア国民に対して謝意を表明した。

ゼレンシキー大統領が同日夜の動画メッセージで発言した

ゼレンシキー氏は、「私は、ここ数日ジョージアの広場や通りでウクライナ国旗を掲げている人皆に感謝したい。私は、トビリシで鳴り響いた私たちの国歌について感謝したい。それはウクライナへの敬意であり、私はジョージアに心からの敬意を表明したい」と発言した。

同氏はまた、友好的ジョージアの成功を願わないウクライナ人は存在しないと述べた。

さらに同氏は、ジョージアとモルドバは、ウクライナ同様、欧州連合(EU)に加盟することになるとの確信を表明した。

同氏は、「欧州の全ての自由な人々がそれ(編集注:EU加盟)に値するのだ」と強調した。

なお、ジョージアの首都トビリシでは7日、「外国の影響の透明化」法案(通称「外国エージェント法案」)採択に反対する抗議集会にて、66人の市民が同国治安機関職員に拘束された。

7日、ジョージア議会は、第一読解で同法案を採択。同法案は、ロシアの「外国エージェント法」と類似のものだと指摘されている。

多くの市民がジョージア議会前に集まり、同法案採択への抗議を表明。ズラビシヴィリ同国大統領も市民を支持し、与党「ジョージアの夢」の幹部に対して、同法採択を断念するよう呼びかけた。

欧州連合(EU)のボレル上級代表は、ジョージア議会が同法案を第一読解で採択したことを批判し、同法案は「EUの価値と基準に反し」、ジョージアの宣言するEU加盟の目標に反するものだと指摘していた。

ウクライナ外務省は8日、ジョージア首都トビリシの情勢を注視しているとし、ジョージア国民との連帯を表明した


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-