「ロシアはウクライナへのテロを継続しており、欧州議会の決議はタイムリー」=EU大使

「ロシアはウクライナへのテロを継続しており、欧州議会の決議はタイムリー」=EU大使

ウクルインフォルム
マーシカス駐ウクライナ欧州連合(EU)大使は、23日に欧州議会が採択した、ロシアをテロ支援国家と認定する決議につき、ロシアはウクライナとウクライナ国民に対するテロを続けているのであり、同決議の採択は「タイムリー」だったと指摘した。

マーシカスEU大使がツイッター・アカウントにコメントした

マーシカス氏は、「ロシアにより、重要インフラを含む民間の標的を狙ったさらなるミサイル攻撃が行われる中で、今日欧州議会によりタイムリーな決議が採択された。ロシアは、ウクライナと、自らの国と自由を守るウクライナの人々に対するテロを続けている。EUはウクライナ側にいる」と書き込んだ。

これに先立ち、欧州連合(EU)の立法機関である欧州議会は23日、ロシア連邦をテロ支援国家と認定する決議を採択した

同日、ロシア軍が再びウクライナ各地の電力インフラなどを攻撃しており、結果全土でウクライナの民間人が6名死亡、36名負傷した。また、キーウを含め、ウクライナ各地で広範囲に電力や水の供給が停止した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-