ゼレンシキー宇大統領、米CIA長官との会談を認める

ゼレンシキー宇大統領、米CIA長官との会談を認める

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は16日、前日バーンズ米CIAのバーンズ長官とキーウで会談したことを認めた。

ゼレンシキー大統領が国内メディアへのインタビュー時に発言した

記者から、バーンズCIA長官とロシアによる核攻撃の可能性について話し合ったか、との質問につき、ゼレンシキー氏は、「私たちは、ウクライナにとってあらゆる重要な問題を協議した」と回答した。

ゼレンシキー氏はまた、ロシアのミサイル攻撃についての印象を共有したか、との質問に対しては、「ええ。いずれにせよ、あのようなレベルの人々であっても、そのような状況になってみなければ、完全に理解することは困難だ。(中略)正直に言えば、私は、(外国の)リーダーたちが時々あのような恐ろしい期待されざる出来事に遭うという状況を得ていることを嬉しくすら思っている」と発言した。

これに先立ち、バーンズCIA長官が15日、ゼレンシキー宇大統領などと会談するためにキーウを訪れていたことが報じられていた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-