ゼレンシキー宇大統領、露への武器供給によるイランの責任に言及

ゼレンシキー宇大統領、露への武器供給によるイランの責任に言及

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー宇大統領は6日、イランはロシアへの武器供与と戦闘への加担につき責任を追及されるべきと発言した。

ゼレンシキー大統領が同日夜の動画メッセージで発言した

ゼレンシキー氏は、同日フォンデアライエン欧州委員長と電話会談をしたことを伝え、EUによるウクライナのためのマクロ財政支援供与の確約を得たと発言した。また、ウクライナの電力インフラ復興の支援についても話し合ったという。

そして同氏は、「もちろん、フォンデアライエン氏とは今日、イラン体制に対する圧力強化についても協議した。イランのロシア恐怖政治への加担は罰せられねばならない。そして、私たちはその問題を私たちの伝統的パートナーにのみ伝えるのではない。全世界が、ロシアがこの戦争を続ける上でのイラン体制の支援について知ることになる」と発言した。

さらに同氏は、もしイランが侵略国に武器を提供しなければ、ウクライナは今勝利へもっと近づいていただろうし、世界は食糧危機の完全解決、エネルギー市場の安定、生活必要危機の解決へ近づいていただろうと強調した。

その上で同氏は、「ロシアによるこの戦争の継続を支援する者は皆、戦争の結果に対する責任をロシアとともに負わねばならない」と指摘した。

これに先立ち、ゼレンシキー大統領は同日、ツイッター・アカウントにて、フォンデアライエン欧州委員会委員長と電話会談したことを報告していた

ゼレンシキー氏は、今年と来年のウクライナに対する財政支援について協議したとし、「私たちは、世界の食糧安全保障のために穀物イニシアティブを延長することの重要性を指摘した」と書き込んでいた。並びに同氏は、対露制裁の強化、ロシアを支援するイランの行動への対抗措置についても話し合ったと伝えていた。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-