ゼレンシキー宇大統領、英独仏蘭ポーランドの首脳と電話会談

ゼレンシキー宇大統領、英独仏蘭ポーランドの首脳と電話会談

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は10日、同日のロシア軍によるウクライナ各地へのミサイル攻撃を受けて、トラス英首相、ショルツ独首相、マクロン仏大統領、ルッテ・オランダ首相、ドゥダ・ポーランド大統領と電話会談を行った。

ゼレンシキー大統領が、ツイッター・アカウントで報告した。

ゼレンシキー氏は、トラス英首相との電話会談について、「私たちは、国際政治・防衛の対ウクライナサポート集結における、特に私たちの空の防衛とロシアのさらなる孤立における、英国のリーダーシップに期待している」と書き込んだ

ゼレンシキー氏は、ショルツ独首相との電話会談については、「G7議長を務めるショルツ首相との間で、同グループの緊急会合招集につき合意した。私のスピーチも予定されており、私はそこでロシア連邦のテロ攻撃について伝えるつもりだ」と伝えた。同氏はまた、ロシアへの圧力強化、破壊されたインフラの復旧支援についても協議したと報告した。

マクロン仏大統領との電話会談については、同氏は、「私たちは、ウクライナの防空強化、欧州と国際社会の強力な対応と、ロシア連邦に対する圧力強化の必要性について協議した。フランスは、ウクライナとともにある」と書き込んだ。

ルッテ・オランダ首相との電話会談については、ゼレンシキー氏は、「ルッテ蘭首相との電話会談時、私たちは、ウクライナへの防衛支援の増加とロシア連邦の新たな攻撃に対する世界の調整された対応につき協議した。個別に、私たちは、破壊されたインフラの復旧の支援についても焦点を当てた」と伝えた

ドゥダ・ポーランド大統領との電話会談につき、ゼレンシキー氏は、「私たちは、ドゥダ・ポーランド大統領と行動を調整した。私たちは、ウクライナの防衛能力を強め、破壊されたものを復旧し、ロシアの孤立を強めながら、国際的支持を集結する作業を行っていく」と書き込んだ

その他、ゼレンシキー大統領は、ブリンク駐宇米国大使と会談したことをテレグラム・チャンネルで報告した。

ゼレンシキー氏は、「米国はロシアによるウクライナのインフラ施設攻撃を非難しており、ロシアが私たちの国で犯した戦争犯罪と蛮行の責任を追及する用意がある。サポートに感謝する!」と書き込んだ

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-