米政権、ウクライナ軍によるクリミアの露占領軍攻撃の可能性にコメント

米政権、ウクライナ軍によるクリミアの露占領軍攻撃の可能性にコメント

ウクルインフォルム
米ホワイトハウスは9日、自国の領土一体性と主権を防衛し、ロシア侵略に反撃を加えているウクライナを支持し続けると発表した。

米ホワイトハウスのジャン=ピエール報道官が、記者からの、米国がウクライナ軍に武器を供給する中で、米国はクリミアにおける軍事施設をウクライナにとっての合法的攻撃対象だとみなしているか、との質問に対して答える形で発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ジャン=ピエール氏は、質問に対して「私たちは、自らの主権と領土一体性を防衛しているウクライナの努力を支持している」と発言した。

さらに同氏は、ロシアにより始められた戦争は長引く可能性があるが、米国は今後もウクライナの人々を支持し続けると指摘した。

同氏は、「私たちは、ウクライナがロシアのいわれない侵略へと抵抗できるようにし続けるし、その点に集中し続ける」と発言した。

これに先立ち、9日、クリミアのロシア占領政権は、ロシア軍のサキ航空基地のある被占領下ウクライナ領ノヴォフェドリウカにて爆発が発生したことを認めていた

ウクライナ国防省はサキ航空基地の爆発につき、火災発生原因を特定はできないとしつつ、「防火ルールと不特定の場所での禁煙」の重要性を指摘していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-