被占領下クリミアの露軍飛行場のある地区で爆発発生

被占領下クリミアの露軍飛行場のある地区で爆発発生

更新
ウクルインフォルム
9日、被占領下ウクライナ南部クリミアのロシア占領政権は、ロシア軍航空基地のあるノヴォフェドリウカにて爆発が発生したことを認めた。

ロシア国営通信「リア」がテレグラム・チャンネルにて報じた

また、リアは、地元占領政権当局がノヴォフェドリウカでは、サキ地区とイェウパトリヤの救急車の他、占領政権非常事態省も活動していると伝えた。

ロシア語ニュースサイト「メドゥーザ」は、地元住民3名の発言をもとに、同地で複数の大きな爆発音が聞こえ、黒い煙がロシアの航空基地から立ち上ったとの報じた。その煙は、ノヴォフェドリウカから30キロメートル離れたイェウパトリヤのビーチからも見えていたという。

ソーシャルメディアでは、爆発はロシア軍基地(ノヴォフェドリウカには、サキ軍事飛行場がある)のある地区で発生したと述べられている。また、爆発は6、7回発生したと言われている。目撃者たちは、毎分「弾薬の誘爆のような音」が聞こえたと述べている。

訂正更新(9日22:40):空軍基地→飛行場、航空基地


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-