デンマークとオランダ、ウクライナへのEU加盟候補国地位付与への支持表明

デンマークとオランダ、ウクライナへのEU加盟候補国地位付与への支持表明

ウクルインフォルム
コフォズ・デンマーク外相は17日、クレーバ宇外相に対して、デンマークはウクライナへの欧州連合(EU)加盟候補国地位付与を支持すると伝えた。

クレーバ外相がツイッター・アカウントで報告した

クレーバ外相は、「私は、イェッペ・コフォズ外相と話をした。彼は、デンマークはウクライナへのEU加盟候補国地位付与を支持すると明言した。私は彼に、その決定は、今前線にいるものを含め、ウクライナ国民一人一人を鼓舞するものとなると述べた」と書き込んだ。

また、17日、オランダのニュースサイトADは、フックストラ・オランダ外相が同国政府はウクライナへのEU加盟候補国地位の付与を支持していると発言したと報じた

報道には、「オランダ政府は、ウクライナへのEU加盟候補国地位の付与を支持している。同時に、フックストラ蘭外相は、ウクライナが実際に加盟するには『数十年』かかる可能性があると発言した」と書かれている。

フックストラ氏は、加盟を望む国は全て、複数の障害を克服しなければならないとし、とりわけウクライナは、法の支配の原則を著しく改善する必要があると伝えた。

これに先立ち、欧州委員会は17日、ウクライナとモルドバに対してEU加盟候補国地位を付与することを勧告した。これを受けて、23、24日、欧州理事会が同地位を両国に付与するかどうかを決定する。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-