欧州委員会、ウクライナへのEU加盟候補国地位付与を勧告

欧州委員会、ウクライナへのEU加盟候補国地位付与を勧告

ウクルインフォルム
欧州委員会は17日、ウクライナとモルドバに対してEU加盟候補国地位を付与することを勧告した。これを受けて、来週、欧州理事会が同地位を両国に付与するかどうかを決定する。

フォンデアライエン欧州委員会委員長は、記者会見時に欧州委員会会合の結果として「欧州委員会の見解」を公表した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

フォンデアライエン氏は、ツイッター・アカウントでも、「私たちは、ウクライナに対して、同国が複数の重要改革を行っていくとの理解の下で、候補国地位の付与を勧告する」と伝えた

さらに同氏は、ウクライナは欧州の価値と基準に従って生きていくことへのコミットメントを明確に示したと指摘した。

また同氏は、(全面的)戦争の前から、EUへの道を進み始めていたと指摘し、EUのルール、規範、基準の約70%をすでに履行してきたと指摘した。

同時に同氏は、「しかし、重要な仕事がまだ行われねばならない。法の支配、オリガルヒ(大富豪)問題、汚職対策、基本的権利だ」として今後の課題を指摘した。

その上で同氏は、「ウクライナの人々は、欧州展望のために死ぬ覚悟がある。私たちは、彼らが欧州の夢を私たちと生きて欲しいと思っている」と強調した

なお、欧州委員会の見解は、ウクライナが提出したEU加盟申請と、ウクライナの「コペンハーゲン基準」の履行準備とEU法体系「アキ・コミュノテール」への合致程度を評価する2つの質問表へのウクライナの回答をもとに作られたもの。

その他、フォンデアライエン氏は、モルドバにもEU加盟候補国地位を付与するよう勧告したが、ジョージアに対しては、欧州展望の付与は与えるものの、候補国地位付与の前に複数の条件の評価を行うことを勧告した。

これに先立ち、4月20日、ミシェル欧州理事会議長がキーウを訪問した際、欧州委員会は6月末までにウクライナへのEU加盟候補国地位付与に関する自らの最初の結論を発表すると発言していた。今後、6月23、24日に、ブリュッセルにて、欧州理事会会合が開催され、その際に、ウクライナのEU加盟申請が審議され、同国に加盟候補国地位を付与するか否かの決定が採択されることになっている。

なお、6月16日、フランス、ドイツ、イタリア、ルーマニアの4国首脳は、キーウ訪問時に、ウクライナへのEU加盟候補国地位の付与を支持していると表明していた

ゼレンシキー大統領は2022年2月28日に、ウクライナのEU加盟申請に署名を行っている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-