ゼレンシキー宇大統領、前大統領への容疑伝達につき「国内情勢に影響があるとは思わない」

ゼレンシキー宇大統領、前大統領への容疑伝達につき「国内情勢に影響があるとは思わない」

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は21日、ポロシェンコ前大統領(欧州連帯党党首)に国家反逆罪などの容疑が伝達されたことにつき、それが国内情勢に影響を及ぼすとは思わないとの考えを示した。

ゼレンシキー大統領がイヴァノ=フランキウシク州フータ村での記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

大統領は、ポロシェンコ氏に容疑が伝達されたことに関する質問につき、「私は、それについてこう考えている。第一に、それ(容疑文)に何が記述されているか。それを書くのは、法執行機関だ。私は、それが私たちの国の国内情勢に影響を及ぼすとは思わない」と回答した。

同時に同氏は、国内情勢に影響を与えているのは、資金を持つグループだと述べ、「彼(編集注:ポロシェンコ氏)はその資金グループの一つである。私たちが理解するところでは、彼らは人々を運んでいる。私たちはそれを見ている。オープンな情報であり、嘘ではない。色々な州から人を運んでいる。彼を支持したい人がいて、この困難な時期に多くの人に『可能性』が渡されている。人々は小銭を稼ぎたがっているのだ(編集注:人々にお金を渡して、その人々を地方からキーウ市へ運んでいることをほのめかす発言)。ある者はそうやってやってきているし、ある者は自分の意志で来ているのだろう」と発言した。

また同氏は、捜査は法執行機関と裁判所が扱うものだとし、「私は、人々は何が起きているか理解していると思っている。私は、人々は、ある人の正体を理解し、テレビがどう機能し、報道機関や『通り』(編集中:『抗議集会』を意味する)がどのように機能しているか後に理解すると思う。私たちは全て見ている。少なくとも、私たちの国は盲目ではなく、確実に一歩一歩解明していると言うことができる」と発言した。

これに先立ち、ウクライナの国家捜査局は20日、ペトロ・ポロシェンコ前大統領(欧州連帯党党首)に、国家反逆罪とテロ組織活動支援の容疑を伝達したと発表していた。

ポロシェンコ陣営は、同捜査は「フェイク」であり、野党への迫害だとコメントしている。ポロシェンコ氏本人は、現在国外に滞在している。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-