ウクライナ、「ボルシチ調理文化」をユネスコ無形文化遺産登録審査に提出

ウクライナ、「ボルシチ調理文化」をユネスコ無形文化遺産登録審査に提出

ウクルインフォルム
「ウクライナ・ボルシチの調理文化」資料がユネスコへ無形文化遺産登録審査のために提出された。

30日、オレクサンドル・トカチェンコ文化情報政策相がフェイスブック・アカウントにて伝えた

トカチェンコ氏は、「ボルシチのユネスコの無形遺産入りがさらに近づいた! ラストスパートだ。現在、『ウクライナ・ボルシチの調理文化』資料がユネスコの代表リスト入りのためにパリに向かっている。できるだけ早く(無形遺産に)加えられることを期待している」と書き込んだ。

同氏は、ウクライナ・ボルシチはウクライナ料理であり、競争相手はいないと述べ、「ボルシチを『ロシア性』でもって印象操作するのはもうたくさんだ。真実は変えようがない。ボルシチは私たちのものだ」と強調した。

また、提出資料を作成した市民団体「ウクライナ文化研究所」代表で料理人でもあるイェウヘン・クロポテンコ氏は、フェイスブック・アカウントにて、「今日、ユネスコが私たちの申し込みを受理し、今後提出資料を分析していくとの公式な確認が届いた。これから2年間、大きな仕事が行われる。私たちは、ユネスコの決定がウクライナにとって有利なものとなるよう、ボルシチに関係する多くの活動をしていく。これはもはや、食べ物に関する物語ではなく。ウクライナの国家アイデンティティの話なのだ」と強調した。提出資料は、700ページに及ぶという。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-