国会、退役兵問題相にラプチナ氏を任命

国会、退役兵問題相にラプチナ氏を任命

写真
ウクルインフォルム
最高会議(国会)は18日、保安庁(SBU)少将であるユリヤ・ラプチナ氏を退役兵問題相に任命した。

最高会議議員248名が賛成した(過半数は226)。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

なお、これに先立ち、16日、最高会議は、セルヒー・ベッサラブ退役兵問題相を解任していた。

ユリヤ・ラプチナ氏は、1967年キーウ(キエフ)市生まれ。心理学博士。1992年よりSBUで勤務しており、2010〜12年には、SBU特殊作戦センター「A」の副所長を務めている。

2014年からは、ウクライナ東部の反テロ作戦にSBUから参加。同年9月〜12月には、反テロ作戦SBU作戦チーム指揮官を務めている。

2020年3月、ゼレンシキー大統領は、ラプチナ氏に対して、少将の称号を付与している。

今回の任命投票の時点では、一時的被占領地再統合問題省の総局長を務めていた。

写真:ヴォロディーミル・タラソウ/ウクルインフォルム


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-