本日、ウクライナはホロドモール犠牲者追悼の日

本日、ウクライナはホロドモール犠牲者追悼の日

ウクルインフォルム
本日、11月第4土曜日は、ウクライナではホロドモール犠牲者追悼の日と定められている。

ウクルインフォルムが伝える。

ホロドモールとは、人為的大規模飢餓を意味する。20世紀、ウクライナは、大規模飢餓を1921〜23年、1932〜33年、1946〜47年の3回経験している。その中で最も大規模なものは、1932〜33年のものであり、その飢餓は現在、スターリン体制によるウクライナ人に対するジェノサイド(大虐殺)と呼ばれている。当時のソ連の共産党全体主義体制は、これに先立ちウクライナの知識人・宗教関係者に対して大規模な弾圧を行なってきており、それに続けて次はウクライナの農民を犠牲にしたのだ。

大規模飢餓が生じるまでには、複数の出来事が起きている。まず、1932年11月18日、ウクライナ共産党中央委員会の「パン準備強化方策」決議が出された。この決議は、穀物準備計画を履行しなかった者に懲罰を下すことを定めており、農業従事者は「自然財産刑」、つまり、15か月分の食肉ノルマの接収という手段で罰せられることになった。その後、接収される食料のリストはじゃがいも、サロへと拡大され、年末までには長期保存食も対象とされた。これに加えて、同日出された「反革命集団の解体及びクラーク集団の討伐」決議により、農民からのパンの徴集は、「反革命的犯罪」条項を根拠にも行われるようになっていた。

その数日後、11月26日、ウクライナ・ソヴィエト社会主義共和国人民司法委員会と検事総長による命令が出されるのだが、同命令には「弾圧は、パン準備への階級的抵抗を克服するための強力な手段の一つである」と記述されていた。このように、人為的飢餓は、細かく準備された上で、実態を懲罰作戦によりていねいに覆い隠されたものであった。

ウクライナの農民からは、彼らの育ててきた穀物が徴集された後、更に多くの「自然財産」が奪われ、家宅捜索により最後の食料備蓄まで取り上げられることとなった。1932年12月、ウクライナの82の地区にて、食料品の売買が禁止され、産業製品の供給が停止された。1933年初頭には、ウクライナの飢餓発生地域からの移動も禁止された。これにより農民は、逃亡という最後の望みまで絶たれたのである。パンを失い、植える農民家族たちは、代わりとなる物を食べていた。「代わりの物」とは、トウモロコシの身と芯、野菜の皮、乾燥した藁(ワラ)、腐ったスイカやビーツ、ジャガイモの皮、アカシアの皮、樹皮や木の葉を粉砕した粉といったものである。

ウクライナにおける飢餓による粛清は、22か月間にわたり続き、約400万の人々の命を奪った。

何十年にもわたり、ホロドモールのテーマは、タブーとされていた。共産主義体制が存在した時は、当時の飢餓について話すことは厳禁とされていた。ホロドモール研究がようやく始まったのは、1980年代も終わりに差し掛かってからである。現在、ウクライナでは、1932〜33年のホロドモールは、ウクライナ民族へのジェノサイドとみなされており、ホロドモールを公的な場で否定することは、ホロドモールの何百万の犠牲者に対する愚弄、ウクライナの人々の尊厳に対する侮蔑、不法な行為とみなされている。

2010年1月13日、キーウ(キエフ)市控訴裁判所は、ソ連の指導者、ヨシフ・スターリン、ヴャチェスラフ・モロトフ、ラーザリ・カガノーヴィチ、パヴェル・ポスティシェフ、スタニスラフ・コシオール、ヴラス・チュバーリ、メンデリ・ハタエヴィチをウクライナにおけるホロドモール組織を行なった犯罪者に認定している。

2016年12月7日、ウクライナの最高会議議員は、諸外国に対して、ホロドモールをウクライナ人に対するジェノサイドだと認めるよう呼びかけを行なっている。現在、そのような承認を行なった国は17か国。その他、10か国が公式な呼びかけにおいて、ホロドモールをスターリン全体主義政権の行なった人道に対する罪として非難する、あるいはその犠牲者を追悼している。また、1932〜33年のホロドモールは、8か国の宗教界でジェノサイド行為として承認されている。

ウクライナ国家記憶研究所は、毎年、ホロドモールの悲劇の様々な側面をクローズアップする特集企画を発表している。今年、同研究所は、ホロドモールの記憶保存は一人一人ができることであるとし、このジェノサイドを目撃した生存者の思い出話を撮影するか、それまでに家族の間で記録されているものを、博物館へ送ることを呼びかけている。このキャンペーンのスローガンは、「記憶を残せ、真実を残せ」である。

ホロドモール犠牲者追悼の日の行事は、ウクライナ全土で開催される。本日、追悼行事の他、テーマ別学術・情報行事、文化・芸術行事、展覧会、文書のプレゼンテーション、写真・動画公開が行われる。ウクライナ領では、国旗が半旗で掲げられる。

本日午後4時には、ウクライナの各家庭で、ろうそくに火が灯され、1分間の黙祷が捧げられる。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-