ウクライナと英国、自由貿易・戦略的パートナーシップ協定を締結=大統領府

ウクライナと英国、自由貿易・戦略的パートナーシップ協定を締結=大統領府

更新
ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は8日、ロンドン訪問時のボリス・ジョンソン英首相との会談の際、ウクライナ・英国間の政治協力・自由貿易・戦略的パートナーシップ協定に署名した。

大統領府広報室が公表した

発表によれば、ゼレンシキー大統領は、今回の協定は、特に英国の欧州連合(EU)離脱の文脈において、二国間関係の新しい基本となる極めて重要なものだと強調した。大統領は、「今日は、ウクライナと英国にとって歴史的な日だ。両国間の戦略的パートナーシップの新しい段階を始めることになる」と発言した。

大統領府は、今回の文書により、戦略的パートナーシップ関係が運用され、両国の協力の基本的方向が定められると説明している。これまでウクライナと英国の間には、基本的な友好・協力・パートナー協定がなかったことから、今回締結された新協定における二国間の協力・パートナーシップの基本原則の確定は、重要な戦略的かつ実践的意味を持つと指摘されている。

同協定は、毎年二国間協力の協議を行なうハイレベルの戦略的パートナーシップ会合と貿易委員会会合の開催を定めているとのこと。

また、ゼレンシキー大統領とともに英国を訪問しているドミトロー・クレーバ外相は、フェイスブック・アカウントにて、「たった今、ウクライナと英国の間の自由貿易と戦略的パートナーシップに関する歴史的協定の重要な署名が行われた」と伝えた

クレーバ外相は、「たった今、ウクライナと英国の間の自由貿易と戦略的パートナーシップに関する歴史的協定の重要な署名が行われた」と発言した。

また外相は、英国が類似の協定に署名するのはEU離脱後初のことだと強調しつつ、「協定は非常に分厚く、果てしないページ数からなっている。非常に長期にわたる生産的な仕事の結果である。これは、両国間の貿易が確かに発展し、新しいレベルに達するための条件が作られたのだ」と発言した。

外相は、「欧州には二つの端がある。西端は英国、東端はウクライナだ。今日、その両端が互いに近づきあった。それはすなわち、今日、欧州が強固になったということだ」と強調した。

なお、ゼレンシキー大統領は、7、8日英国を公式訪問している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-