検事総長、汚職対策検察長の辞任を承諾

検事総長、汚職対策検察長の辞任を承諾

ウクルインフォルム
ヴェネジクトヴァ検事総長は、ホロドニツィキー特別汚職対策検察(SAP)長が提出した辞表を根拠に同氏を同職及び兼任職から解任した。SAPとは、政権高官の汚職捜査の手続管理と起訴を行う独立検察機関。

21日、ホロドニツィキー氏がフェイスブック・アカウントに関連文書を公開した

ヴェネジクトヴァ検事総長が署名した命令文には、「2020年8月21日、本人の希望による辞職表明提出を受け、ナザール・ホロドニツィキー氏の検事総局・検察諸機関の検事副総長職・SAP長職からの解任を命じる」と書かれている。

ホロドニツィキー氏は、同投稿にて、辞任を決めた理由を明かしていないが、自身がSAP長を務めていた際のSAPの活動は効果的で結果を多く出したと書き込んだ。

同氏は、自身のこれまでの課題や、SAP職員と国家汚職対策局(NABU)捜査官に対して自身はオープンであったことを回顧しつつ、同時にSAPとNABUはその活動開始当初から「検事総長側から、機関として全く受け入れられてこなかった」と指摘した。

ホロドニツィキー氏は、「(編集注:検事総局のある)リズニツィカ通りから私たちのところには、『トップは一つ』というアプローチの行使や、『中心』へ屈服させようという試みが行われてきた」と書き込んだ。

その上で、活動上の問題点として、SAPとNABUに複数の権限が与えられていないことや、検事総局による両汚職対策機関の活動コントロールの試みを指摘した。

加えて同氏は、自身がSAP長を務めた期間、検事総長には4名の人物が就いていたが、いずれの検事総長も「SAPに報告させる体制を作りたがっていた」と指摘した。

同時に、これまでNABUとSAPが捜査し、高等反汚職裁判所に追訴した案件が184件(対象者492名)あり、NABUは217名に容疑を伝達したことを喚起した。また、反汚職裁判所は、既に7件、10名に対して、禁固刑を含めた実刑判決を言い渡していると伝えた。

更に同氏は、SAPとNABUに対しては、これまで5回、買収の試みが行われたが、5回とも賄賂を渡そうとした人物は拘束され、刑事責任が追及されていると指摘した。

なお、ナザール・ホロドニツィキー氏は、2015年11月30日にヴィクトル・ショーキン(当時)検事総長が、選考委員会の勧告を根拠に新設されたSAPの長に任命していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-