ゼレンシキー大統領、フードコート記者会見を14時間実施 世界最長

ゼレンシキー大統領、フードコート記者会見を14時間実施 世界最長

動画
ウクルインフォルム
10日午前10時に始まったゼレンシキー大統領のマラソン記者会見は、11日午前0時過ぎに終了した。

記者会見時間は、14時間強となった。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

国家記録登録代表者によれば、国家元首による記者会見の長さとしては世界記録とのこと。

記録達成証明書授与の様子

一問一答をした記者の数は、約300名。大統領は、日本のメディアを含め、国内外の記者とのやりとりに応じた。

記者からの質問は多岐にわたり、「ノルマンディ・フォーマット」、軍の引き離し、クリミア問題、「シュタインマイヤー・フォーミュラ」、プリヴァト銀行、トランプ=バイデン問題、農地市場、人民奉仕者党内部状況、キーウ(キエフ)市選挙、暖房シーズン開始などであった。

大統領が記者との対話を行ったのは、今回が就任後初。会場は、キーウ市内に最近オープンしたフードコート「キーウ・フード・マーケット」となり、一問一答は2階で行われた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-