大統領、モトール・シーチ社はザポリッジャに残すべきと発言

大統領、モトール・シーチ社はザポリッジャに残すべきと発言

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、航空機のエンジン等を製造する「モトール・シーチ」社をザポリッジャ市に残すことがウクライナの優先課題だと発言した。

10日、ゼレンシキー大統領が、フードコート「キーウ・フード・マーケット」で行っている大型記者会見の際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

大統領は、「私は、反独占委員会、アブロマヴィチュス『ウクルオボロンプロム』社総裁、治安機関が本件を分析していることを把握している。『モトール・シーチ』の件では、どの国がウクライナのパートナーかということが優先課題なのではない。私たちの優先課題は、同社がウクライナに残ることである。誰が同社を『分解』しようとしたのか分析した後、中国のパートナーたちとの問題をどう解決するか、となる。どれほど株式がなかろうと、私たちは同社を維持しなければならないし、ザポリッジャのためにもモトール・シーチ社を維持せねばならない。なぜなら、本件は2万人以上の人が職を失うという真の驚異なのだ」と発言した。

大統領はまた、モトール・シーチ社問題の安全保障の観点にも注意を向けた。大統領は、「モトール・シーチ社とともに譲渡されていたかもしれない、別の製造局の文書に関する関連の話もある。つまり、安全保障問題もあるのだ」と発言した。

なお、これに先立ち、本年8月、米国はウクライナに対して、モトール・シーチ社を中国に売却することのリスクについて警告していた。米ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、モトール・シーチ社関連の合意文書は米国政権幹部によって中国の更なる軍事力拡大となると受け止められていると報じていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-