ポロシェンコ大統領、露侵略開始5年経過の特別国会にて、EU・NATO加盟路線に関する憲法改正に署名

ポロシェンコ大統領、露侵略開始5年経過の特別国会にて、EU・NATO加盟路線に関する憲法改正に署名

ウクルインフォルム
19日、ポロシェンコ大統領は、欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)へのウクライナの加盟路線をウクライナ憲法に記載する憲法改正法へ署名した。

大統領は、同日最高会議(国会)にて開催されている、ロシア連邦による対ウクライナ軍事侵略開始から5年経過に合わせた特別会合における、自身の演説の際、パルビー最高会議議長とフロイスマン首相に見守られる中で、同署名を行った。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ポロシェンコ大統領は、「今日、私たちは、ロシアの顔色を伺うことはしない。私たちは、自分が今後どこへ向かうのかにつき、プーチンに許可を求めることはしない。私たちは、自らの道を歩み、自らの安全保障、主権、領土一体性をどのように確保するか、自分たちで決定を下していくのだ」と強調した。

大統領は、自らの戦略的課題は、欧州・欧州大西洋統合(編集注:EUとNATOへの加盟)を不可逆的にすることにあると見ていると述べ、2023年までに、EUへの加盟申請を行い、NATO加盟行動計画(MAP)を受け取ることを約束した。

今回署名された憲法改正法は、2月7日に最高会議が本採択したもの。同採択時、最高会議議員334名が賛成票を投じた(本採択に必要な賛成は、総数の3分の2である300票)。

同憲法改正は、ウクライナ憲法に、EUとNATOへの完全加盟の達成を目指すことが国家の不可逆的な戦略的方針であることを記載するもの


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-