米国上院委員会、1932-33年のウクライナの人工的大規模飢餓をジェノサイドに認定

米国上院委員会、1932-33年のウクライナの人工的大規模飢餓をジェノサイドに認定

ウクルインフォルム
アメリカ議会上院外務委員会は、1932-33年のウクライナを中心に生じた人工的大規模飢餓「ホロドモール」をウクライナ民族に対するジェノサイド(大規模虐殺)として承認する決議案を固め、上院に対してもこの決議を採択するよう勧告する決定を下した。

在アメリカ・ウクライナ大使館がフェイスブックで報告した。

同報告には、同委員会がホロドモールをウクライナ民族に対するジェノサイドと定める決議案を採択したと説明し、続けて、「この決議案は、ソ連政府がウクライナ民族に対して行った、自決権と表現の自由を含む、人権の体系的侵害を非難するものである。被害者、生存者、それらの親族に対しては、最大限の哀悼の意が表明されており、この悲劇の人為性について、世界での認知レベルを高めることを目的とする情報の拡散への呼びかけが含まれている」とある。

また、同大使館は、上院議員20名以上が共同提案者となっているこの決議案が3月14日時点に、ウクライナ・フレンズ・グループの共同代表者であるロバート・ポートマン議員とリチャード・ダービン議員の率いる、共和党と民主党の両党議員からなるグループにより提案されていたことを指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-