ウクライナ航空会社、ギリシャでのAnー12墜落を認める

ウクライナ航空会社、ギリシャでのAnー12墜落を認める

ウクルインフォルム
ウクライナの航空会社「メリジアン」は、自社の運行する輸送機An-12が16日夜ギリシャで墜落したことを認めた。乗員8名は皆、ウクライナ国民だったという。

デニス・ボフダノヴィチ・メリジアン総裁の発言を独DWが報じた

同氏は、同輸送機に積まれていた物についての情報は提供せず、「詳細を確認中だ」と発言した。

メリジアン社は、事故原因を空中での故障だとしている。

これに先立ち、輸送機An-12がギリシャ北部カバラの西方近郊にて墜落したことが伝えられていた。輸送機は、セルビアからヨルダンに向かっていたことがわかっている。墜落前に操縦士はエンジンの不調を伝えており、ギリシャ側が緊急着陸を認めていた。

写真:kavalapost


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-