ウクライナ国会議員がキーウ市にて遺体で発見

ウクライナ国会議員がキーウ市にて遺体で発見

ウクルインフォルム
8日、キーウ(キエフ)市内にて、最高会議(国会)議員のアントン・ポリャコウ氏が遺体で発見された。

警察がウェブサイトで発表した

発表には、「法執行機関職員は、男性はタクシーでの移動中に具合が悪くなり、救急車の医師が蘇生を試みたが、死亡を確認した。現在、警察が現場にて、最高会議議員死亡の状況確認のための緊急捜査を行っている」と伝えた。

その後警察はさらに、テレグラムチャンネルにて、当時の状況を詳細に報告した。報告には、「(8日)未明、キーウ市統一大通りでのパトロール中、交通警察官が道路交通規則を違反する乗用車(ヒュンダイ・ソナタ)を止めた。運転手とのやり取りの際、後部座席に、意識不明の状態の男性がいることに気付いた。運転手は、彼は乗客で、停留所にて乗せたのだと伝えた」と書かれている。

その際、警察は救急車を呼び、「検査官は、乗客を乗用車から安定して横たわれる場所に寝かせた。彼は、脈と呼吸がなかった。交通警察は救急車が来るまでの間、速やかに心配蘇生行動を取った。その後は、救急車の医師が蘇生行為を続けたが、しかしながら、それは効果をもたらさず、男性の意識は戻らなかった。その後、同人物の死亡を確認、彼が現最高会議議員であることが判明した」と伝えた。

検事総局は、本件を意図的殺人の可能性による刑事捜査開始を登録したと伝えた。検事総局は、「検死結果によれば、最高会議議員の死は、​激しい冠動脈虚血​によるという。捜査は、現時点ではその他の検死結果を待っている」と書かれている。

なお、遺体からは金品を奪われた痕はないとのこと。

アントン・ポリャコウ氏は、最高会議にて、野党の議員グループ「未来のため党」の議員であり、汚職対策関連の委員会に所属していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-