オンライン決済のペイパル、ウクライナでサービス開始

オンライン決済のペイパル、ウクライナでサービス開始

ウクルインフォルム
フェドロウ副首相兼デジタル移行相は17日、オンライン決済のペイパル(PayPal)社がウクライナにてサービスを開始したと発表した。

フェドロウ副首相がテレグラムチャンネルにて報告した

フェドロウ氏は、「ペイパルがウクライナに来た! これからは、インターネットでの買い物ができ、送金ができ、お金をウクライナの銀行口座に送ることができる。あなたのビザとマスターカードを関連付けして、今すぐ使ってみてほしい。私たちの要請にこんなに迅速に対応してくれ、戦時下のウクライナ人をサポートしてくれたチームに感謝している」と報告した。

同氏はまた、ウクライナ中央銀行とITコミュニティの支援についても謝意を伝えた。

なお、米決済サービス大手ペイパル・ホールディングスは5日、ロシアでの取引を停止すると発表していた。ロシアによるウクライナへの全面侵攻が始まって以降、国際企業のロシア市場からの撤退が相次いでいる。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-