ノルド・ストリーム2の建設再開

ノルド・ストリーム2の建設再開

ウクルインフォルム
バルト海のデンマーク領海にて、独露間を結ぶ予定の天然ガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」の建設作業が再開された。

24日、独DWが報じた

建設を再開したのは、ロシアのパイプライン敷設船「フォルトゥナ」。関連企業は、以前に得た許可にしたがって敷設を行なっていると説明しているという。

また、フォルトゥナ以外にも複数のロシアの船舶が海上に出ていると報じられている。

なお、ノルド・ストリーム2建設は、全長1234キロメートル、総額100億ユーロのプロジェクトで、すでに94%の敷設が終わっている。

同パイプラインは、完成すると年間550億立方メートルのガスを送ることが可能となると説明されている。ただし、同パイプラインがウクライナを迂回すること、欧州の対露エネルギー依存を高めることから、ウクライナ、米国、ポーランド、バルト諸国が同パイプラインの建設に反対を表明している。

米国が2019年12月に発効した対ノルド・ストリーム2制裁により、同パイプラインの建設作業は停止していた。さらに、米国の2021年会計年度の国防予算を定める国防権限法(採択済み)にも、同パイプラインへの追加制裁が含まれている。

1月20日に発動された米国の追加制裁では、ロシアのパイプライン敷設船「フォルトゥナ」も制裁対象となっている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-