「ロシアにとって不愉快なサプライズとなる」=ホッジス元米軍高官、シルシキー新ウクライナ軍総司令官任命にコメント

「ロシアにとって不愉快なサプライズとなる」=ホッジス元米軍高官、シルシキー新ウクライナ軍総司令官任命にコメント

ウクルインフォルム
ホッジス元米国駐欧州陸軍司令官は、オレクサンドル・シルシキー氏がウクライナ軍の新しい総司令官に任命されたことにつき、ロシア人にとって戦場における「不愉快なサプライズ」となるだろうとの見方を示した。

ウクライナ国防省系メディア「アルミヤインフォルム」が伝えた

ホッジス氏は、ゼレンシキー大統領によるシルシキー総司令官の任命につき、ウクライナは困難な人事を行ったと指摘した。

その際同氏は、「ヴァレリー・ザルジュニー将軍が効果的な司令官であり、兵士や社会から尊敬され、同盟者もよく知り、尊敬していたことから、それはウクライナ大統領にとって困難な決定だった」とコメントした。

同時に同氏は、ゼレンシキー氏は、全てのことに責任があるのであり、それは彼の特権だと強調した。

そして同氏は、「特に民主的社会では、司令官の立場に、ウクライナに最大の勝利のチャンスをもたらすと彼が思う人物を据えること(編集注:は特権)だ。オレクサンドル・シルシキー氏は、当然、大統領がウクライナ軍の指揮を執らせるべく選んだ将校である。それは美容コンテストでなければ、人気合戦でもない。大統領がこの戦争局面にとってより適したと考える将校を選んだのだ。彼は戦士であり、経験を有しており、賢い。私は、ロシア人がウクライナ軍のトップにさらに能力ある司令官を目にすることを全くもって不幸なことだと思っている」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-