米国とオランダ、戦車90両含むウクライナへの新しい軍事支援を発表

米国とオランダ、戦車90両含むウクライナへの新しい軍事支援を発表

ウクルインフォルム
米国防省は4日、ウクライナに提供する4億米ドル相当の新しい安全保障支援パッケージを発表した。

シン国防副報道官が記者会見時に発表した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

シン氏は、「このパッケージは、ウクライナ安全保障支援イニシアティブ(USAI)の一環で、ウクライナの緊急の必要を満たし、ウクライナ軍が長期的展望で主権を守る能力を強化することを通じて、米国の支援への恒常的コミットメントを強調するものである」と発言した。

国防省の発表によれば、今回の支援パッケージに含まれるものは以下のとおり。

・将来の大統領令に含めるための防空システム「ホーク」改修費用

・改修された戦車T-72B(高度な光学、通信、装甲パッケージを備えたもの) 45両

・フェニックスゴースト戦術無人機システム 1100台

・河川用装甲ボート 40隻

・装甲警備車M1117 250両の改修費用

・戦術秘匿通信システムと監視システム

・訓練、整備、維持の資金

また同日、オランダ国防省も、ウクライナに提供する1億2000万ユーロの支援パッケージを発表した

発表には、「オランダは、ウクライナに対して再び、重軍事機材を提供する。支援総額は、1億2000万ユーロで、その内4500万ユーロは、戦車T72Bの提供に指定されている。米国とチェコとともに、オランダは近代化・再調整済みのチェコの戦車を90両提供する。オランダのオロングレン国防相が本日、下院にこのイニシアティブにつき報告した」と書かれている。

ゼレンシキー宇大統領は、今回の支援提供の発表につき、ツイッター・アカウントにて謝意を伝えた

ゼレンシキー氏は、「バイデン米大統領に、新しい4億ドル相当の軍事支援につき感謝する。ウクライナの大地を私たちが解放するのに役立つ装甲車についてだ。その不変のサポートを評価している」と書き込んだ。

また、クレーバ宇外相は、ツイッター・アカウントにて、オランダ、米国、チェコ3国の戦車の共同提供につき謝意を伝えた

クレーバ氏は、「私は、オランダ、米国、チェコによるT-72戦車90両のウクライナ軍のための購入と提供の共同決定に感謝している。ウクライナは、最初の再生され近代化された戦車26両をもう来月中に受け取る。パートナーたちのウクライナとの不変の連帯に感謝している」と書き込んだ。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-