ウクライナ軍、無人機システム「PUMA-LE」を11基獲得へ

ウクライナ軍、無人機システム「PUMA-LE」を11基獲得へ

動画
ウクルインフォルム
ウクライナのフェドロウ副首相兼デジタル移行相は24日、ウクライナ軍は無人機システム「PUMA-LE」を11基獲得すると発表した。

フェドロウ副首相がテレグラム・チャンネルにて伝えた

フェドロウ氏は、「私たちは、ウクライナ軍のために11基の無人機システム『PUMA-LE』を購入する。その価格は、5億4000万フリヴニャ(約20億円)だ。無人機は、6倍ズームの通常のカメラと赤外線カメラを装着している。それにより敵を昼も夜も、どんな天候でも発見することが可能である」と発言した。

同氏はまた、アンテナのおかげで同無人機は最大60キロメートルの飛行が可能だとし、この飛距離であれば、敵の後衛の情報も得られと指摘した。また、飛行可能時間は6時間、飛行可能高度は3キロであり、そのため敵から発覚されにくいと説明されている。

フェドロウ氏は、「PUMA-LEは、世界18か国で採用されている。米国。英国、ドイツ、フランスなどだ。今後、このような『鳥』が私たちの前線にも参戦する」と伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-