ドイツ、ウクライナへの追加武器提供を発表

ドイツ、ウクライナへの追加武器提供を発表

ウクルインフォルム
ドイツのランブレヒト国防省は15日、ウクライナに対して新たな武器提供を行うと発表した。

ランブレヒト独国防省が独連邦軍会議の際に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ランブレヒト氏は、「ウクライナが、ドイツの武器支援もある中で、どのような成功を達成することができたかを見るのは、鼓舞されるものだ」と発言した。

さらに同氏は、「勇敢で成功裡に実施されたウクライナ軍の作戦は、さらなる武器の迅速な提供を求めているし、それがどれだけ重要かを示している。そのため、私たちは、ドイツがウクライナにさらに2基の多連装ロケットシステム『マース2』と同システム用ロケット200弾を提供する決定を採択した」と発言した。

さらに、装甲車「ディンゴ(Dingo)」50台も提供されるという。

なお、8月1日、ウクライナのレズニコウ国防相が「マース2(MARS II)がドイツからウクライナに到着したと発表していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-