どんな額を提案されようが、ロシアに「バイラクタル」を渡らせない=バイカル社CEO

どんな額を提案されようが、ロシアに「バイラクタル」を渡らせない=バイカル社CEO

ウクルインフォルム
トルコの無人機メーカー「バイカル・マキナ」社を共同で経営する兄弟、ハルク・バイラクタル氏とセルチューク・バイラクタル氏は、どんな額が提案されようが、現状で同社の無人攻撃機「バイラクタル」がロシアに渡されることはあり得ないと発言した。

バイラクタル兄弟がBBCウクライナ語版へのインタビュー時に発言した

ハルク・バイラクタル氏は、「お金は私たちにとって優先課題ではない。お金と物質的リソースは、私たちのビジネスにとって一度も目的になったことはない。ウクライナとの間の私たちの友情と協力は、すでに多くの年月にわたり続いている。そのため、私たちにどんな額が提案されようが、正直に言って、現状で彼らにそれが(編集注:ロシアに無人機が)渡るという話はあり得ないのだ。この期間、私たちの全てのサポートは完全にウクライナ側にある。なぜなら、私たちには非常に強力な繋がりがあり、ウクライナは非常に不正義で、攻撃的で、根拠のない攻撃を受けているからだ。私たちのウクライナとの協力は何も曇らせることはない。どのような額が提案されようと、私たちの立場は本件における立場は明確だ」と発言した。

また同氏は、ウクライナでは無人機はウクライナ軍人に使われており、彼らがいつ無人機を使うかを決めていると述べた。さらに、「他の製品に関しても同様だ。もちろん、残念ながら、私たちのシステムがロシアの防空システムや装甲機材で破壊されているのであり、ロシアの報道機関で、私たちは誹謗中傷を目にしている。しかし、ともあれ、私たちは、技術を提供する企業なのだ」と発言した。

さらにハルク氏は、バイラクタルは「ウクライナの独立を巡る戦いに貢献しており、私たちは、この貢献が最善の可能な手段で行われるよう仕事をしている」とも強調した。

バイラクタル兄弟は、ウクライナをオープンに支持しており、これまでにも無料でウクライナ軍へのバイラクタル提供を複数回発表してきた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-