米国防省、30億ドルのウクライナ軍事支援の内訳を公表 地対空ミサイルなど

米国防省、30億ドルのウクライナ軍事支援の内訳を公表 地対空ミサイルなど

ウクルインフォルム
24日にバイデン米大統領が発表した、総額約29億8000万ドルとなる新しい対ウクライナ安全保障支援パッケージには、地対空ミサイル「ナサムス(NASAMS)」6基や、155ミリ口径榴弾砲砲弾24万5000個などが含まれている。

ライデル米国防報道官による発表が国防省ウェブサイトに掲載された

ライデル氏は、「この発表は、独立し主権があり繁栄した国家ウクライナの防衛継続能力を確保することを目的とした、ウクライナへの中長期的展望での追加的優先的能力提供に関する契約締結プロセスの始まりである」と発言した。

今回の米国による約29億8000万ドルの支援パッケージの中身は以下のものとなると発表されている。

・地対空ミサイルシステム「ナサムス」追加6基と同システム用弾薬

・155ミリ口径榴弾砲砲弾最大24万5000個

・120ミリ口径迫撃砲砲弾最大6万5000個

・対砲兵レーダー最大24台

・無人機「プーマ(Puma)」及び無人機「スキャンイーグル」用補助機材

・対無人機システム「バンパイア(VAMPIRE)」

・レーザー誘導ロケットシステム

・訓練、メンテナンス、維持のための資金

これに先立ち、バイデン米大統領は、8月24日のウクライナの独立記念日に合わせて、これまでで最大の総額となる29億8000万ドルの対ウクライナ軍事支援を発表していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-