日本政府、ウクライナへ民生車両と小型無人機を提供へ

日本政府、ウクライナへ民生車両と小型無人機を提供へ

ウクルインフォルム
日本の防衛省は4日、ウクライナ政府に対して、新たに民生車両(バン)と追加の小型無人機を提供すると発表した。

防衛省が公式ウェブサイトにて発表した

発表には、「今般、ウクライナ政府からの要請を踏まえ、新たに民生車両(バン)をウクライナ政府へ提供」すると書かれている。また、小型の無人機(ドローン)も追加提供するとある。

また、防衛省は、これまでにも、ロシアによるウクライナ侵略が続く中、ウクライナ政府からの要請を踏まえて、3月以降、防弾チョッキ、鉄帽、防護マスク、防護衣、小型無人機などをウクライナへ提供してきたことを喚起した。

加えて、防衛省・自衛隊は、今後もウクライナに対してできる限りの支援を行っていくと伝えている。

なお、ウクライナに対しては、ロシアによる全面的侵略が5か月間強にわたり続いている。ウクライナ政府は、ウクライナ軍には重火器の他にも、兵士の移動用の車両が不足しているとし、各国に支援を求めている。在ウクライナ・ドイツ大使館は7月15日、過去3週間で80台のピックアップトラックをウクライナへ提供したと発表。7月31日、ウクライナ軍支援の募金を行っている基金「生きて帰ってきて(ポヴェルニーシ・ジヴィム)」も、ウクライナ軍に対して、募金で購入した10台のピックアップトラックを提供していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-