民間支援団体、ピックアップトラックを10台ウクライナ軍に提供

民間支援団体、ピックアップトラックを10台ウクライナ軍に提供

動画
ウクルインフォルム
ウクライナ軍支援の募金を行っている基金「生きて帰ってきて(ポヴェルニーシ・ジヴィム)」は、南部戦線に参加するウクライナ軍第28独立機械化旅団へ募金で購入した10台のプジョー社のピックアップトラックを提供した。

7月31日、南部司令部「ピウデン(南)」がフェイスブック・アカウントにて報告した

発表には、「基金『生きて帰ってきて』は、ウクライナ軍と民が一体であることをまたも証明している! 今日、基金の活動に加わる人皆のおかげで、冬の陣の騎士記念第28独立機械化旅団は10台の新品のピックアップトラックを受け取った。これらはすでに前線の若者たちのもとへ向かっている」と書かれている。

ピウデンは、現代の戦争は、能力とスピードを持つ者が勝利するのだとし、同基金のおかげでウクライナ軍は戦場でのスピードを得ており、また装備利用の能力が毎日勝利を近付けているとコメントした。

これに先立ち、ウクライナ海軍は、7月19日に、同基金が募金で購入した日産ナバラ5台の提供を受けたことを発表していた

なお、基金「生きて帰ってきて(ポヴェルニーシ・ジヴィム)」は、2014年のロシア・ウクライナ武力紛争開始以降、ウクライナ軍支援を続けている団体。同基金の公式ウェブサイトから、クレジットカードなどによる募金が可能となっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-