NATOにはウクライナへ提供してはいけない武器のリストはない=事務総長

NATOにはウクライナへ提供してはいけない武器のリストはない=事務総長

ウクルインフォルム
ストルテンベルグ北大西洋条約機構(NATO)事務総長は6月30日、NATOはウクライナへ大量の武器を提供するという考えを支持しており、また、提供してはいけない武器のリストは存在しないと発言した。

ストルテンベルグ事務総長が、マドリードで開催されたNATO首脳会談の総括記者会見時に発言した。

ストルテンベルグ氏は、「私たちは、大量の最新武器の配送というアイデアを支持している。(中略)そして、NATOは現在、ウクライナがソ連時代の古い武器からNATO基準の最新のものへと移行する支援をすることを指示されている。そして、もちろん、私たちには、私たちが加えたり加えなかったりする(編集注:提供)武器のリストはない。ウクライナには、広範な種類のNATO基準の最新の重い武器が必要なのであり、それはこの首脳会談のシグナルでもあった」と発言した。

その他同氏は、「欧州には実質的にホットな戦争が起きている」と述べ、状況は悪化しうると発言した。同氏は、そのため、NATOの課題はウクライナにサポートを提供することだとしつつ、「しかし、私たちはまた、ウクライナの外へのエスカレーションを防止することにも基本的責任を負っている。その理由から、NATOは現場の紛争には参加していないのだ」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-