露はカザフスタンにウクライナでの戦闘経験ある部隊を投入=民間調査団体

露はカザフスタンにウクライナでの戦闘経験ある部隊を投入=民間調査団体

ウクルインフォルム
民間調査団体「インフォームナパーム」は、ロシア連邦が6日にカザフスタンに投入した軍部隊は、対ウクライナ侵略の際に投入された特殊任務部隊であると指摘している。

国際調査団体「インフォームナパーム」が報告した

同団体は、報道によれば、ロシア連邦はカザフスタンに空挺軍第45独立特殊任務旅団、第98師団、特殊用途センター「セネジ」部隊の軍人を投入していると伝えた。

インフォームナパームの調査では、これらは、クリミア占領作戦や、ウクライナ東部の戦闘といった対ウクライナ侵略へ参加したことのある部隊であることがわかっているという。特に、空挺軍第98師団(第65451基地)からは、ウクライナでは、第217パラシュート空挺連隊(第62295基地)と第331パラシュート空挺連隊(第71211基地)が見られたと指摘した。

第45独立特殊任務旅団(第28337基地)は、2014年までは、空挺軍第45独立連隊だったもので、そこにはイーゴリ・ギルキン(ロシア連邦軍元将校、ロシア連邦保安庁(FSB)元大佐)も所属していたと説明された。

カザフスタンでは、1月に入ってから、燃料費の高騰に反対して全国で大規模な抗議運動が起きている。野党政治家ジャサラル・クアニシャリンによれば、アルマティでは少なくとも30名が死亡しているという。

5日、カザフスタン政権は、集団安全保障条約(CSTO)へと抗議鎮圧に向けた支援を要請。6日、CSTOは、ロシア連邦と同盟国の部隊からなる平和維持部隊がカザフスタンに到着したことを認めている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-