OSCE監視団、1月4日のウクライナ東部の停戦違反を57件確認

OSCE監視団、1月4日のウクライナ東部の停戦違反を57件確認

東部情勢
ウクルインフォルム
欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ特別監視団(SMM)は、1月3日19時30分から1月4日19時30分までの24時間、ウクライナ東部ドネツィク・ルハンシク両州一部地域にて、計57回の停戦違反を確認した。

1月5日付SMM日報第2/2022に書かれている

日報の停戦違反確認件数を示した棒グラフを見ると、今回の観測期間は、過去30日間や2020年の平均停戦違反確認件数(300件以上)より著しく低いことがわかる。

また、SMMは、ドネツィク州では、54件の停戦違反を確認したとあり、全ての違反は、シローキネからきたとタラキウカから北東にて確認されたと伝えた。

ルハンシク州で確認された違反は3件、いずれもゾロテーの兵力等引き離し地点から西にて確認されたという。

これに先立ち、昨年12月22日、ロシア・ウクライナ・欧州安全保障協力機構(OSCE)からなり、ロシア武装集団代表者もロシアに招待される、三者コンタクト・グループ(TCG)の会合にて、紛争当事者間で停戦回復が必要であるとする共通理解が達成されていた

写真:SMM


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-