米国、ロシアによるミンスク諸合意の不履行を喚起

米国、ロシアによるミンスク諸合意の不履行を喚起

動画
ウクルインフォルム
在ウクライナ米大使館は5日、ロシア・ウクライナ武力紛争解決に向けて署名された「ミンスク諸合意」をロシア側がどれほど履行していないかを簡潔に示す動画を公開した。

米大使館がツイッター・アカウントに動画を掲載した

米大使館の動画では、2014〜15年にロシア連邦が署名した、戦闘行為を止めるミンスク諸合意について説明されており、特に衝突ラインでの停戦維持を効果的にコントロールする手段が紹介されている。

さらに、ロシアが紛争圏から重火器を撤収させ、欧州安全保障協力機構(OSCE)監視団の監視を認め、被拘束者を交換することにも合意したが、ロシアはそれを履行していないことが説明された。また、ブリンケン米国務長官がこれらの項目をロシアが履行していないことを具体的に指摘したことも換気されている。

また米大使館は、2014年以降、ロシアが始めた紛争にて、1万3000人以上のウクライナ国民がすでに死亡していることを喚起した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-