タラン国防相、倉井日本大使と会談 宇日防衛分野の繋がり強化を指摘

タラン国防相、倉井日本大使と会談 宇日防衛分野の繋がり強化を指摘

ウクルインフォルム
24日、アンドリー・タラン国防相は、近く離任する倉井高志駐ウクライナ日本大使と会談した。

ウクライナ国防省広報室が伝えた

発表によれば、タラン国防相は、日本に対して、一部がロシアに占領されているドネツィク・ルハンシク両州への多くの人道支援プロジェクトの実現に謝意を伝えた。

さらにタラン氏は、「経済、人道、文化分野の伝統的協力の話だけではなく、安全保障・国防分野の二国間の繋がりの発展・強化もだ」と述べ、2018年に東京で両国防衛当局が署名した「防衛協力・交流に関する覚書」の一環での日本との協力の重要性を指摘し、以降、両国関係は強まり続けていると発言した。

両者は、国際安全保障環境の複数の問題について協議し、地域・世界の安全保障にとっての現存する、あるいは潜在的な脅威と挑戦について意見を交換した。また、防衛分野におけるウクライナ日本協力の今後の方向性についても言及した。

タラン国防相は、倉井大使の防衛分野における二国間協力の発展への特別な貢献、ウクライナ軍の発展・改革プロセスへの効果的な外交サポートに謝意を伝え、大使に国防省名誉勲章を授与した。

なお、8月27日の日本政府の閣議にて、新駐ウクライナ日本大使に松田邦紀パキスタン大使を充てる人事が決まっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-