ゼレンシキー大統領、ウクライナの現代的艦隊の建造必要性を主張

ゼレンシキー大統領、ウクライナの現代的艦隊の建造必要性を主張

ウクルインフォルム
訪米中のゼレンシキー大統領は8月31日、北大西洋条約機構(NATO)からのサポートは心理レベルで重要だが、現状ではより多くのサポートが必要だと指摘した。

ゼレンシキー大統領が米ヴァージニア州マウントバーノン訪問時、米国シンクタンク向けにウクライナの変革プログラムを紹介する際に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

大統領は、「私たちは、黒海・アゾフ海会場でのウクライナへのサポートにつき感謝している。特に、軍事演習の実施だ。人々は、NATOからのサポートを目にしており、私たちが放置されているわけでないことを見ている。そのようなプレゼンスは心理的に重要だ。しかし、それで十分というわけではない」と発言した。

加えて大統領は、西側諸国はウクライナのNATO加盟を「戦略」として考えているが、ウクライナ自身はそれを「戦術」として見ていると強調し、NATO加盟は緊急性のある問題であると指摘した。大統領は、「戦略のための時間はない。クリミアの一時的占領が続き、そこには8万のロシア連邦の軍人が集まっており、ウクライナ国境沿いにはさらに数万が集まっているのだ」と発言した。

その他、大統領は、ウクライナには現代的艦隊の建造が不可欠だとし、そのためにはNATOや黒海沿岸のパートナーが必要だと指摘した。大統領は、「私たちはプレゼントを求めているのではない。私たちには、機会が、安いクレジットへのアクセスが必要なのだ」と強調し、艦隊建設の最初の段階には、150万ドルが必要だと発言した。

なお、ゼレンシキー大統領は現在米国を訪問している。9月1日には、バイデン米大統領との会談が行われる。大統領の訪米は、9月5日まで続く予定となっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-