ウクライナ、多連装ロケット砲用の新型ロケット弾を開発

ウクライナ、多連装ロケット砲用の新型ロケット弾を開発

動画
ウクルインフォルム
ウクライナは、多連装ロケット砲「フラード」(ロシア語:「グラート」)用の飛距離を向上させた新型ロケット弾を開発し、今回ミコライウ州にて試射が行われた。

1日、国防省広報室が伝えた

発表には、国内のピウデンネ社(ユージュマシュ社)が、南機械建設工場、パウロフラード化学工場、写真機器社、国家化学製品科学分析研究所などと協力して、今回フラード用に、飛距離の向上した122ミリ口径国産ロケット弾「タイフーン1」を開発したと書かれている。

また、国防省は、南部ミコライウ州のシロコラニウシキー訓練センター演習場にて、この「タイフーン1」の試射が成功裏に行われたと伝えた。

写真:国営アルミヤインフォルム通信


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-