ゼレンシキー大統領、東部前線訪問 敵地点まで80メートル地点を視察

ゼレンシキー大統領、東部前線訪問 敵地点まで80メートル地点を視察

写真
ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は8日、ウクライナ東部を訪問し、前線地点を視察した。

ウクライナ大統領府広報室が伝えた

大統領は、「ウクライナ政権幹部は、ここに来なければならない。順番でも良いので。ここに来ることは非常に重要だ。何よりまず、軍人たちにとって重要だ。政権が彼らを支えているという理解、政権は執務室に隠れているわけではない、実際に困難のある場所に来ている、という理解が重要なのだ。英雄がいる場所、実際にウクライナの運命を定めている人々、ウクライナを守っている人々がいる場所を訪れることだ。国を誰も守らなかったら、誰が立派な執務室で仕事をするのであろうか」と発言した。

大統領はまた、現在統一部隊作戦圏の治安情勢の激化が観察されていると述べ、ウクライナ軍の配置地点に対して、敵の狙撃手が攻撃を行っており、それによりウクライナ軍人の間に死傷者が出ていると指摘した。

写真:大統領府、統一部隊

ゼレンシキー大統領は、「私たちは、最近、1月1日から、最上級の激化、停戦において最大件数の問題、最大件数の死傷者が出ている地点を訪れている」と述べ、今年に入ってからすでに26名のウクライナ軍人が死亡していると強調した。

さらに大統領は、敵地点から80メートル地点となるウクライナ軍人の配置地点を訪れた。ウクライナ軍人の同地点では、敵狙撃手からの攻撃を常に受けており、周辺は地雷原となっているという。周辺のインフラは砲撃により破壊されていると書かれている。

発表によれば、大統領はまた、過去2週間の激化で多くのウクライナ軍人が殺害された地点を訪れた。

ゼレンシキー大統領は、「非常に困難な地点だ。ウクライナ軍人4名が占領者によって殺害された。さらに2名が負傷した。つまり、6名だ。残念ながら、このような状況だ。また、彼らを助け、救っていた軍人1名も、地雷を踏んで死亡した」と発言した。

大統領は、軍人は、ウクライナを守り、停戦を確保するために全力を尽くしていると述べた。

同時に、大統領は、「しかし、私たちは、私たちの戦士が攻撃を受けて、死者が出ている時は、軍は反撃を行う、ということは、皆理解しているであろう」と強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-