ウクライナの空挺部隊、ドイツにて多国間軍事演習に参加

ウクライナの空挺部隊、ドイツにて多国間軍事演習に参加

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ空挺軍第80独立空中襲撃旅団が、ドイツにて始まった多国間軍事演習「セイバー・ジャンクション2020」へ参加している。

ウクライナ国防省広報室が伝えた

発表には、「ドイツ連邦共和国にて多国間演習『セイバー・ジャンクション2020』が始まった。ホーエンフェルス市の戦闘準備支援多国・多種間センターをベースに行われる演習には、17か国が参加する。ウクライナを代表するのは、リヴィウ州に駐留するウクライナ空挺軍第80独立空中襲撃旅団である」と書かれている。

写真:国防省広報室

今回参加するウクライナの部隊について、国防省は、人員はウクライナ東部のロシア占領軍との戦闘行為の際に多くの経験を得た者たちだと説明した。また、国際平和維持ミッションや他の多国間演習に参加した者もいると書かれている。

発表には、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、ウクライナの部隊は、他国の部隊同様、ドイツ到着後、14日間の監視期間を軍の基地にて過ごしたことを伝えられており、感染確認の検査も複数回行われたと書かれている。

演習中、ウクライナの第80独立空中襲撃旅団は、欧州駐留の米国代173空中襲撃旅団第503連隊の中で活動していくとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-