黒海にて多国間海軍共同演習開始

黒海にて多国間海軍共同演習開始

写真
ウクルインフォルム
黒海にて、第20回多国間海軍共同演習「シーブリーズ2020」が始まった。

20日、国防省傘下のアルミヤインフォルム通信が報じた

報道には、「今年のウクライナ・米国演習シーブリーズは、黒海海上にて人の接触なく展開される。予定されているのは、海上の訓練における加盟国による共同戦術機動実施、通信組織訓練、対魚雷行動、航行中の物品明け渡しである。船員は、戦術航空機、海軍航空機との連携活動を行い、海上移動中の対空、対艦、対カーテル訓練を行い、海上拿捕作戦や違反船への臨検課題を実施する。さらに、警備強化、重要海洋インフラ施設の防衛の課題も実施される」と書かれている。

オレクシー・ネイジュパパ・ウクライナ海軍司令官は、シーブリーズの基本目的は黒海地域における安定と安全の維持だと指摘し、そのため海上訓練の主要な課題は、平和維持、聞き地域の安全確保を目的とするNATO基準にのっとった作戦遂行だと指摘した。

今年の多国間海軍共同演習シーブリーズは、7日間にわたって続くとのこと。演習には、米海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「ポーター」(USS Porter)、対潜哨戒機「P-8ポセイドン」、その他常設北大西洋条約機構(NATO)海洋グループの艦船が参加する予定。

写真:アルミヤインフォルム通信

シーブリーズ2020には、9か国(ウクライナ、米国、ブルガリア、ジョージア、ノルウェー、フランス、ルーマニア、スペイン、トルコ)から約2000名が参加する。参加艦船は20隻以上。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-