キーウにて警察官用の新型機関拳銃のプレゼンテーション開催

キーウにて警察官用の新型機関拳銃のプレゼンテーション開催

ウクルインフォルム
15日、セルヒー・クニャジェウ国家警察長官は、キーウ市内にて、警察官用装備となる新型機関拳銃MP-5のプレゼンテーションを行った。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

クニャジェウ長官は、「警察の各部隊がこのタイプの武器を装備していく。オーストリア、ドイツ、フランス、アメリカ、カナダでは、正にこの武器が使われている」と発言した。

同長官は、これまで警察が所持していたソ連型機関銃(カラシニコフ)はこのドイツ製の機関拳銃MP-5に代わると説明した。

また、マクシム・モウチャン国家警察資産局武器課長は、新装備がソ連型武器に勝る点は、銃弾のダメージ(殺傷力)が下がるとともに射程距離は約300~400メートルに維持されることにあると説明した。

MP-5の重さは約2キロであり、軽量であることが指摘された。

モウチャン課長は、これまで警察が使っていたカラシニコフは、そもそもは軍の部隊用、戦場用に作られたものであることを喚起し、「機関拳銃は、より警察用の武器であり、より使いやすい」と説明した。また、同課長は、この装備はまず、交通警察と特命警察に供給されると指摘した。

また、アルテム・シェウチェンコ内務省コミュニケーション局長は、このタイプの武器は、昨年末から国境警備隊も装備していると説明した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-