ウクライナ国産の対砲兵レーダー「ゾーパルク3」の生産可能に

ウクライナ国産の対砲兵レーダー「ゾーパルク3」の生産可能に

ウクルインフォルム
国営防衛企業「ウクルオボロンプロム」社傘下国営イスクラ社が設計した対砲兵レーダー「ゾーパルク(動物園)3」(1L220UK)は、ウクライナのレーダー探知分野の突破口的存在となる製品である。

17日、イスクラ社のユーリー・パシチェンコ総裁が発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

パシチェンコ総裁は、「対砲兵レーダーは、国軍での試験を終えた。試験は十分成功裏に行われた。現在、5月末の次の試験に向けて準備しているところ。本製品が装備に加えられることを期待している」と発言した。

同総裁は、この対砲兵レーダー「ゾーパルク3」は、これまでの類似の製品はウクライナで作られたことがなく、国内レーダー探知分野の突破口的存在となるものであると指摘した。。

同総裁は「ウクライナ軍には極めて必要とされる製品だが、これまでウクライナにはこのような物がなかった。私たちは、統一部隊作戦圏で任務につく将校たちの感想を聞いてきた。彼らはこの製品に期待しており、近々これが国軍に供給されるよう、私たちができることはすべて行う」と強調した。

「ゾーパルク3」は、敵の砲撃地点の情報を得るためのもの。レーダーは、迫撃砲、榴弾砲、地対空ミサイル・システムといった、敵が配備するあらゆる種類の火砲を「発見」できる。これにより、どこから砲撃が行われているか、着弾・爆破地点の確認が可能となるとのこと。パシチェンコ総裁は、同レーダーによる発射地点判明の精度の高さを強調した。

また、ゼレウシキー設計長は、レーダーが数十キロ先の敵の地点の砲弾も確認できることを指摘した。

イスクラ社は、秋までに生産を開始することになり、年間4台以上が生産されるとのこと。同社は、国防省からの多くの発注に期待を示した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-