国内7つの空港にて、ドネツィク空港防衛戦を闘ったウクライナ兵を追悼する行事が開催

国内7つの空港にて、ドネツィク空港防衛戦を闘ったウクライナ兵を追悼する行事が開催

ウクルインフォルム
21日、ウクライナ国内8州にて、激しい戦闘の生じたウクライナ東部ドネツィク空港を防衛し、亡くなったウクライナ兵士、通称「サイボーグ達」を追悼する種々行事が開催されている。

キーウ市に隣接するボリスピリ国際空港では、2014年から2015年にかけて、242日間ドネツィク空港防衛戦を闘った兵士達を称える行事が開催されている。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ヴォロディーミル・ダシュコウシキー・ウクライナ国軍楽隊長は、「ドネツィク空港は、ボリスピリ空港同様に、現代的な空港でした。242日間、若者たちがこの空港を防衛し続けたのです。彼らは、『サイボーグ』と呼ばれるようになりました」と説明した。

空港では、セルヒー・プロコフイェウの「騎士のダンス」とバレエ曲「ロミオとジュリエット」や、ベートーベン、ショパン、エンニオ・モリコーネの曲が演奏され、空港利用客が立ち止まって聞いていた。

ダシュコウシキー楽隊長は、このような行事は、侵略国から日々国を守り続けているウクライナ軍人にとって非常に重要なのだとし、「社会は、兵達がサポートを必要としていること、そのサポートを見聞きすることが必要なのだということを理解すべきです。今日、楽隊は、リヴィウ、オデーサ、イヴァノ=フランキウシクといった、ウクライナの全ての空港で演奏します」と説明した。そして、同楽隊長は、ドネツィク空港防衛戦で亡くなった兵達を追悼する行事は今後も続けていくと発言した。

同様の行事は、全国8都市(ヴィンニツャ、ドニプロ、ザポリッジャ、イヴァノ=フランキウシク、リヴィウ、オデーサ、ハルキウ、チェルニヒウ)で開催されるとのこと。空港のないヴィンニツャとチェルニヒウでは、人の多く集まる市内商業施設で開催されると説明された。

なお、ドネツィク空港防衛戦とは、2014年5月26日から、2015年1月22日までの242日間続いた戦闘を指す。ウクライナ軍兵士、志願兵、医療班、ボランティアが、ロシア占領軍と親露武装集団からの攻撃に対して同空港を防衛する戦闘を続けていた。激しい戦闘の中、不屈の精神でドネツィク空港の防衛を続けた兵達は、次第に「サイボーグ」と呼ばれるようになっていく。2015年1月21日には、完全に崩壊し、防衛が不可能となった同空港新ターミナルからの撤退の決定が下された。公式データによると、ドネツィク空港防衛戦にて、200名以上の軍人が死亡したとされる。

この戦闘に参加した「サイボーグ達」のイニシアティブにより、1月16日は、「ドネツィク空港防衛者の日」と呼ばれている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-