ポーランドとウクライナ、中距離防空ミサイル・システムを共同で開発

ポーランドとウクライナ、中距離防空ミサイル・システムを共同で開発

ウクルインフォルム
ポーランドの民間企業WBエレクトロニクス社とウクライナの国営ウクルオボロンプロム社は、中距離防空ミサイル・システムを共同開発する計画である。

8日、Defence BlogがWBエレクトロニクス社のロマン・ムシャル代表の発言を伝えた。

ムシャル代表の発言によれば、このWBエレクトロニクス社とウクルオボロンプロム社の中距離防空ミサイル・システムを共同開発する計画では、ウクライナ製空対空ミサイルR-27の改造版の利用が重要であるとのこと。また、同代表は、エンジンや追尾装置といった同システムに必要な構成の大半は、すでに出来上がっていると発言した。

ムシャル代表は、この防空システムのポーランドへの配備には約3年が必要だと指摘した。

この新しい防空システムは、垂直発射装置が装備され、また、ポーランド製輸送車Jelcz662Dにも設置可能であると書かれている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-