露占領軍、ルハンシク方面に火砲・戦車を集結:統一部隊作戦

露占領軍、ルハンシク方面に火砲・戦車を集結:統一部隊作戦

ウクルインフォルム
欧州安全保障協力機構(OSCE)特別監視団(SMM)は、ウクライナ東部において、ロシア連邦占領軍とその傭兵がルハンシク市から南西方面に火砲・戦車を集結させていることを報告した。

29日、統一部隊作戦本部広報室が、SMMの報告書にもとづいて発表した。

発表には、「12月28日付SMM日報によると、SMMのミニ無人機(UAV)は、ルハンシク市から南西方向に、ロシア連邦武装集団傭兵に属する兵器の配備を確認した」と書かれている。

具体的には、撤収ラインに違反する形で、ブハイウカ(Buhaivka、ルハンシクから37km南西)付近に、2S1「グヴォズジーカ」 122mm自走榴弾砲12台、D-30「ジャーバ」122mm榴弾砲14台、MT-12「ラピラ」100mm対戦車砲6台が確認。フルスタリニー(Khrustalnyi 、旧名クラスニー・ルーチ、ルハンシクから56km南西)付近に、BM-21「グラート」122mm自走多連装ロケット砲22台が集まっているとのこと。

また、撤収ライン違反ではないが、撤収地点の外に位置している兵器として、ブハイウカ付近に戦車T-64が8両、9K35「ストレラ-10」近距離防空ミサイル・システム、2B11「サニ」120mm迫撃砲5台、対戦車ロケットシステム(おそらく、9P148「コンクルス」135mm)1台が確認。シムシニウカ(Shymshynivka、ルハンシクから27km南西)の演習場では、戦車T-72が11両確認されたとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-