ロシア占領軍、OSCE監視員のノヴォアゾウシクへのアクセスを不許可

ロシア占領軍、OSCE監視員のノヴォアゾウシクへのアクセスを不許可

ウクルインフォルム
ロシア占領軍は、OSCEウクライナ特別監視団(SMM)要員がドネツィク州一部地区をアクセスすることを認めなかった。その際、理由として、「ノヴォアゾウシクでは、作戦が進行中」であると述べたとのこと。

管理調整共同センター(JCCC)ウクライナ側が、SMMの26日付報告書を参照して発表した。

JCCCは、「ノヴォアゾウシク付近の検問所で、ロシアの武装集団の代表者が、南方の検証のために訪れたSMMのパトロールを再度、許可しなかった。その際、同人物は、『ノヴォアゾウシクでは、作戦が継続している』と述べている」と強調した。

加えて、SMMの移動の自由の制限や、アクセス禁止、その他のSMMマンデート履行の際の障害がマリウポリ方面で起きていることが報告されている。「11月25日、ロシア占領軍の武装した人物は、ピクジとサハンカに入ろうとしたSMMパトロール要員に対し、ザイチェンコ付近の検問所で、『SMMの安全』を理由に、進行を許可しなかった」と報告されている。

ルハンシク州ヴォズネセニウカ付近の国境検問地点の鉄道駅では、SMMに対し、占領者は、同地区を立ち去るように命じたとのこと。その際、SMMの移動の自由に関するどのような問題も、ルハンシク市の武装集団に要請すべきであると述べられたと報告されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-