国防省情報総局:ロシアはウクライナとの国境付近に戦闘機約500機を配備

国防省情報総局:ロシアはウクライナとの国境付近に戦闘機約500機を配備

ウクルインフォルム
国防省情報総局は、26日時点で、ウクライナとの国境沿いにロシア軍の戦術航空戦闘機約500機とヘリ最大340機を集中させていると発表した。

26日、ヴァディム・スキビツィキー・ウクライナ国防省情報総局副局長がブリーフィング「ロシア連邦軍のウクライナへの侵攻脅威に対する軍事・戦術的評価」の際に発言した。

スキビツィキー副局長は、「ウクライナとの国境付近にロシア航空宇宙防衛軍の航空機が集中していることにも特別な注意を向けている。2013年以降、ロシアは、ウクライナとの国境沿いの飛行場ネットワーク全体を近代化し、戦闘機配備地点を刷新、陸軍航空機の潜在力を拡大した。現時点で、ウクライナとの国境沿いには、戦術航空戦闘機約500機と陸軍航空ヘリ最大340機が集中している」と指摘した。

また、同副局長は、戦闘ヘリと戦術航空戦闘機のパイロットは、これまでも現在もシリアでの戦闘に参加しているとし、「これは、パイロットが民間施設への爆撃、高精密兵器の使用の経験を有していることを意味する」と強調した。そして、これら戦闘機の戦闘活動可能範囲はウクライナ領全域となることを指摘した。

スキビツィキー副局長は、ロシアのウクライナに対する侵略行為が続く間、ウクライナ国境付近およびロシアの欧州方面全体で、ロシアは軍事力を強化し続け、統合・再編を行っていることを指摘し、「ロシアは、大隊を基にする戦術グループの創設・準備に大きな注意を割いている。これらグループが、現在、我が国との国境沿いに展開している。ウクライナ領で戦闘課題を遂行可能なこれらロシアの戦術グループの数は、25個である」と報告した。

また、同副局長は、ロシア軍の軍事演習「カフカーズ2016」、「ザーパド2017」、「ヴォストーク2018」の際、ウクライナ方面攻撃部隊の創設作業が行われ、動員、ロシア中部からの予備兵力・機器のウクライナとの国境への移動が行われたと発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-