ウクライナ海軍、アゾフ海でロシアが大型船を利用しない理由を説明

ウクライナ海軍、アゾフ海でロシアが大型船を利用しない理由を説明

ウクルインフォルム
アゾフ海の特性により、ロシアは喫水の大きな船を使うことはできない。

29日、ISTV局番組「表現の自由」で、イーホル・ヴォロンチェンコ・ウクライナ海軍司令官が発言した。

同司令官は、「アゾフ海は、その特性により、喫水(編集注:水上で船体が沈む深さ)の大きな船の使用を実質不可能にしており、それは揚陸艦も同様である。この事実を踏まえると、仮にロシアがカスピ海や黒海から勢力を集結させようとしても、(アゾフ海では)海兵大隊の数しか揚陸に運用できない」と説明した。

また、同司令官は、アゾフ海の情勢は引き続き非常に緊迫していると述べ、国境警備庁の情報では、現在120の船舶が入域しているとのこと。同時に、同司令官は、「しかしながら、そのうち、活動できる船舶は36隻、また、十分に武装している船舶は24隻しかない」と補足した。

ヴォロンチェンコ司令官は、ロシアは引き続き、ケルチ海峡を通過する船舶の妨害を続け、地域、ウクライナの港の経済に影響を及ぼそうとするだろうと述べた。

同時に、同司令官は、現在、アゾフ海にはウクライナ側のカーテル船グループが展開されていることにつき、「このことは情勢に良い影響を及ぼしており、先週は、船舶の航行が止められる事案は実質的に起きなかった」と説明した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-