ウクライナ、クリミア近海の天然ガス・石油掘削リグのコントロールを特殊作戦で奪還

ウクライナ、クリミア近海の天然ガス・石油掘削リグのコントロールを特殊作戦で奪還

写真・動画
ウクルインフォルム
ウクライナ国防省傘下情報総局は11日、同局部隊が特殊作戦により、黒海海上のクリミア近海に設置されているガス・石油掘削リグ、通称「ボイコの塔」のコントロールを取り戻したしたと発表した。

情報総局がテレグラム・チャンネルで伝えた。

https://t.me/DIUkraine/2834

発表には、「ウクライナ国防省情報総局部隊が『ボイコの塔』のコントロールを確立するユニークな作戦を実施した。コントロールを取り戻したのは、掘削プラットフォーム『ペトロ・ホドヴァネツ』『ウクライナ』と、自力掘削装置『タウリダ』、自力掘削装置『シーヴァシュ』である」と書かれている。

動画:情報総局(テレグラム)

さらに、特殊作戦部隊は作戦遂行時に、ヘリ用無誘導航空ミサイルや、黒海海上の船舶の動きを追跡できるレーダー「ネヴァ」という貴重な戦利品を鹵獲したと伝えた。

今回の作戦の際、ボートにのったウクライナの特殊作戦部隊とロシアの戦闘機Su30との間で交戦が生じ、結果、ロシアの戦闘機は被弾し、退却を余儀なくされたと書かれている。

情報総局は、通称「ボイコの塔」と呼ばれる黒海海上のクリミア近海の掘削リグは、2015年にロシアに奪われていたものと説明している。また同局によれば、2022年のロシアの全面侵略戦争開始以降は、ロシアはこの施設をヘリの発着場やレーダーの配備場所として利用していたという。

同時に、ウクライナ外務省は11日、ソーシャルメディア「X」アカウントにて、今回の採掘場の奪還につき、「ウクライナは2014年にロシアに占領された黒海海上のクリミア近海にある『チョルノモルナフトハズ』社の天然ガス・石油掘削リグのコントロールを奪還した」と発表した。

外務省はまた、「黒海解放が継続している。クリミアは、ライン上の次である」とも指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-